いろいろとぐだぐだなブログです。 腐臭をだす管理人(放置人)が帰還しました。 
カテゴリー内記事一覧
スポンサーサイト
--/--/--
衝動買いってどうしても止められないよね
2012/10/29
読書してる人 = 作家希望 の方程式があるのは何故!?
2012/10/15
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/29 01:01 【本の紹介
本屋行ったら目的の本以外を買ってきてしまうんだ……。
今日もPC雑誌を衝動買い。

|д・)< 各言語のゲームプログラミング情報雑誌なんて魅惑的なものには勝てなかった。

断章のグリムを探してるだけだったのに……。てか、6巻だけどこも品切れってどんな嫌がらせ? 前作のMissingは全巻売ってたのに。

ま、いいや。
今日はこの本を紹介~。

退出ゲーム (角川文庫)退出ゲーム (角川文庫)
(2010/07/24)
初野 晴

商品詳細を見る


ハルチカシリーズと呼ばれている第一作。

欲しい人は近くの本屋でも探してみてね。ある程度のほんやになら売ってるから。

で、この本の内容を表すならこんな感じかな。

友情・努力・勝利!

|д・) < 嘘です

|ミ

簡単に言えば、推理+熱血!文化部活動小説。 高校生の時に出会っていれば、って一冊。

(´;ω;`)< 20過ぎて読むと、微妙に年取った事に凹むんだ……。あぁ、あの頃はあんなに輝いてたのか~って。ま、面白いけどね。

そんな一冊。高校生の君ッ! 読書にはまる事、間違いなし! とりあえず読め!

短編小説だから、50ページで一つの物語が読み終わる。 だから、とりあえず読め!

信じれば救われるって、陳腐すぎてそこかしこに落ちてる言葉だけど、とりあえず信じて読め!

退出ゲームの話しが管理人は大好きなんだ。 だからとりあえず読め!

|д・)< そんな管理人は、薦められた本はなかなか読まない事が多いんだ。

|ミ



あ~、なんだかシェイクスピアの小説読みたくなってきた。リア王読んで見よっかな。ただ、悲劇ものが多いんだよな。ロミオとジュリエットとか。てか、ロミオとジュリエットってあの科白が有名すぎて、案外読んでない人が多いと思うんだ。多分。

『世の中の関節は外れてしまった。
 ああなんと呪われた因果が それをなおすために 生まれついたとは!』

あと、このアニメに影響された人間は多いと思う。シェイクスピアに手を出したきっかけがこの漫画だし。こう思うと、やっぱアニメも小説の入り口への架け橋になりえるよな。

原案?にあたるハムレット・テンペストもなかなか面白いのでよろしゅう~に。
ここからは、読書感想文!? なわけ無いです。

読書感想文って嫌いだよね。なんであんなもの強いるんだろうね。あれのせいで何人の読書嫌いを生み出した事か……。

( ・ω・)< 読書感想文なんて、出した記憶が無いですわ。中・高、どれだけ図書館に居ても、本を読んでも提出しなかったわ。あの頃は本を読む楽しさに取り憑かれてたからね。

ただ、それが元来小説が担ってきたものだと思うんだ。

小説とは、文章の書き方・綺麗さに固執するものではない。 いかに読者を驚かせ・笑わせ・感動させるかが一番の課題なのだ。どんな萌え絵が貼り付けてあろうが、文章がめちゃくちゃだろうが、読者が面白かったといえるものこそが小説にふさわしいはずなのだ。 別に純文学が悪いとは言わない。夏目漱石の坊ちゃんやら、芥川龍之介の鼻とか読んだら面白いからね。ラノベに萌え絵が飽和してるから、小説と認めたくないのもわかる。 ただ、それだけで小説ではないと決め付けるべきではないし、少数であれ楽しんでいる人がいるなら立派な小説だとするべきと思うんだ。 だからこそ、ラノベ・純文学なんて枠、誰か壊してくれないかな。 小説の種類なんて、ファンタジー・ミステリー・サスペンス・ホラーとかだけでいいんだよ。 読者に合わせて呼び方変えるとか、はやくなくならないかな。


トラックバック(0)  コメント(0)
2012/10/15 01:15 【本の紹介
いやさ、タイトルの方程式はなんだろうね。環境が変わるといっつも聞かれるんだが……。
本読んでる = 作家希望 じゃないんだよ。読んでると楽しいんだよ。あれか、
|д・)< 作家希望です。
といえばいいのだろうか。よし、今度から作家希望という事で手を打とう。


て事で、本紹介・感想になったBLOG再開です。
え、MHの記事? 金貯まったらWiiU辺りで考える。
( ・ω・)< 本代が週2,000円超えてるからゲームに金回らないんだよ……。って怖いね。

で、まあこのBLOGでの本の定義は、漫画・ライトノベル・大衆文学・純文学・その他雑誌すべてを含んで本と定義してます。
この前置きについては、「ライトノベルは本じゃない(笑)。」「文学固すぎ。面白くない(笑)」な人対策です。
気にならない人は、気にしなくて結構です。


で、最初に紹介する本はこれで!
|д・)っ wiki
※アマゾンから写真借りれるって便利だね。著作権関連の面倒ないし。買うときは街の本屋さんにでもどうぞ。


ジャングルはいつもハレのちグゥ (1) (ガンガンコミックス)ジャングルはいつもハレのちグゥ (1) (ガンガンコミックス)
(1998/02)
金田一 蓮十郎

商品詳細を見る


第一回は、漫画の『ジャングルはいつもハレのちグゥ』の紹介~。
そこ、いきなり漫画紹介かよなんて言わない! 中の人もそう思ってるから。

中身は、完全なるギャグ漫画。
概要としては、騒ぎを起こすグゥとそれに振り回されるハレとの日常ドタバタコメディ。強引とも言えるハイスピード感で次々とギャグを飛ばしていく作品。ハレグゥ と改題された作品もある。(ちなみに、作者がきりがいいってだけで改題しただけ。中身は普通に繋がってる。)

基本的に、ハイテンションギャグばかりで見ていて飽きないし、なんか気分を陽気にしてくれる作品。妙に暗い設定が多いけど、それを吹き飛ばすギャグで気分が全く落ち込まない。

この作品は、『3秒ルール』の衝撃が凄かった。
包丁で千切り(腕まで千切り)→千切りされた腕を食べる→腕生えてきた……だと。

頭を空っぽにして読める、疲れを拭き飛ばすのに丁度いい作品。
面白いので、ぜひぜひどうぞ~。

そしてこの作品のマスコット?ことポクテ(のんでポクテ)。一応ウサギらしいが、誰もがウサギじゃないだろうと考えてしまうのは、まぁ仕方が無いことなのだろう……。
ただ設定上、あの世界的売上を誇る本のパロディでウサギの役をやっているので、『あぁ、一応ウサギなんだな。』とも思わなくもない。

この作品はアニメ化されてるわけですが、『スキスキおじいさん』シリーズが恐ろしいぐらいに出来がいい。もはやホラーアニメ。そのぐらいの迫力がある!




ちなみに、これが第一回な理由は再び本を読むきっかけを作ってくれた漫画だからなのだよ。
この本から、漫画→群雄劇→ライトノベル→純文学→大衆文学 と読む種類が増えて言ったからNE。
( ・ω・)< 読み始めた順番は気にするな。自分でもおかしいのは分かっ(ry

10月にもう1記事書くの達成~。 お疲れ様でした~。

……本の紹介なのか感想なのか全くわからない文章の塊だな。

跡は、※返し
>pmg720さん

やほ~。何年ぶりだろうか。MH記事で頑張ってた頃以来ですね。

時間が経つと言うのは、嫌なような・嬉しいような、なんとも言えないものですよね。

それにしても高校2年生か~。 いや~、懐かしい。

って、来年は受験じゃないですか!? 頑張ってくださいね~。

ちなみに、社会人と言っても朝っぱらからゲームをする駄目人間だぜ! ィェ~ィ。

出社は5分前。家を出るぎりぎりまでゲーム三昧w
トラックバック(0)  コメント(0)
HOME
プロフィール

あきかん

Author:あきかん
中国地方のどこかに住んでます。(いろいろなところでばらしていますが。)

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。